2018年01月の記事一覧

アフガニスタン:首都カブールでの相次ぐテロ事件等の発生

アフガニスタン:首都カブールでの相次ぐテロ事件等の発生

 

1 1月27日午後1時頃(現地時間),首都カブール中心部の各国大使館,政府機関が集まるエリアの近くで大規模な爆弾テロ事件が発生しました。これにより,300名以上が死傷しました。

2 カブールでは,他の季節に比べてテロが小康状態になるとされる冬期においても,テロ・誘拐事件が相次いで発生しています。1月に入り発生した主な事件は以下のとおりです。
● 1月4日,市内中心部において,自爆テロが発生し,20名以上が死亡,30名以上が負傷。(「ISILホラサーン州」が犯行声明発出)
● 1月15日,インド大使館等にロケット弾が着弾。
● 1月20日,市内西部のインターコンチネンタルホテルが襲撃され,外国人を含む22名以上が死亡,少なくとも10名が負傷。(タリバーンが犯行声明発出)
● 1月22日,市内北西部において,武装集団により国連機関に勤める職員少なくとも1名が誘拐される。
● 1月27日,市内中心部において,救急車を使用した自爆テロが発生し,100名以上が死亡,200名以上が負傷。(タリバーンが犯行声明発出)
● 1月29日,市内西部において,軍の大学が襲撃される。(「ISILホラサーン州」が犯行声明発出)

3 アフガニスタンについては,危険情報「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」を全土に対して発出しています。主要反政府勢力であるタリバーンは政府機関や外国権益を明示的に攻撃対象としている他,「ISILホラサーン州」を称する勢力もカブールでの活動を増加させており,治安情勢が更に悪化する可能性があります。目的の如何を問わず,渡航は止めてください。
また,この情報を知らずに既にアフガニスタンに入国されている方は,現場付近には絶対に近づかず,国外の安全な地域へ直ちに退避してください。

UA、仙台/グアム線運休へ、関空と中部は減便-成田小型化

UA、仙台/グアム線運休へ、関空と中部は減便-成田小型化

 ユナイテッド航空(UA)は夏ダイヤ以降、日本/グアム線で運休や減便、機材の小型化を実施する。北朝鮮問題による旅行需要の減少などによるもので、4月1日からは週2便で運航中の仙台/グアム線を運休。搭乗率などは明らかにしていないが「実績が期待値に届かず、定期便を継続するには採算性が十分でない」という。なお、GW期間など5月6日までの一部の便については、すでに満席の便もあることから数便を運航する予定。 UAは今月15日には、週2便で運航していた新千歳/グアム線を運休している。

 加えて3月27日からは、1日2便ずつで運航中の関空、中部/グアム線を1日1便に減便し、ともに夜便を運休。3路線の運休便を予約済みの旅行者に対してはUAが直接、または旅行会社経由で別便への振り替えや返金を実施する。

 1日3便で運航中の成田/グアム線は、GW後を目処に機材を小型化する。現在はうち2便をビジネスクラス28席、エコノミークラス336席、合計364席のB777型機で運航し、残り1便をビジネス16席、エコノミー150席の計166席のB737-800型機で運航しているが、5月初旬以降は3便すべてB737-800型機を使用する予定。これにより、提供座席数は1日あたり396席減少することになる。なお、乗客が多い日などはB777型機で運航する可能性もあるという。

 UAはこれらの運休・減便・小型化について「今後は引き続き市場動向を注意深く見守り、需要に合わせて座席供給量を調整する」とコメント。なお、福岡線については現行の座席数を維持する予定。

   グアム政府観光局は「2月と3月の仙台市場は回復しつつあり、全国的にも団体や修学旅行の問い合わせはある。19年度は5000人規模の団体も予定しているので今回のニュースは残念」と述べ、今後もUAを含むさまざまな航空会社に、座席増を働きかける考えを示した。なお、日本航空(JL)は夏ダイヤ期間中、成田/グアム線を1日1便から1日2便に増便する予定。

 

イタリア ローマ、バチカン / ローマ教皇の宗教行事に伴う影響(2月)

 2018年2月、バチカン/ローマでは、以下の日程で「ローマ教皇」による宗教行事が予定されております。

  ■ 宗教行事等に伴う影響(2018年2月)
◎ 2月02日(金)
宗教行事名: Mass for Religious
時 間: 午後
場 所: サンピエトロ広場
影響等: サンピエトロ寺院の入場見学は、13:00までとなります。

  ◎ 2月14日(水)
宗教行事名: Ash Wednesday
時 間: 正午より
場 所: サンピエトロ寺院
影響等: サンピエトロ寺院へは、13:00より入場見学可能となります。

同時期にご旅行をご予定の方は、ご注意ください。

情報提供:株式会社 クオニイジャパン日本海外ツアーオペレーター協会