2018年06月の記事一覧

日本航空、国際線プレエコ・エコノミークラスでオリジナルワイン提供

日本航空(JL)は8月1日以降、国際線プレミアムエコノミー・エコノミークラスでオリジナルワインを提供する。

 JLとフランスのワインメーカーが共同開発したもので、ワインアドバイザーで「マスターオブワイン」の資格を持つ大橋健一氏とワインテイスターの大越基裕氏が、フランスの5種のブドウから造りあげた。ワインの名前は2人の苗字の頭文字から「DOUBLE “O”」とした。

 オリジナルワインの製造は、日仏友好160周年を記念し7月からパリを中心に開催される文化芸術イベント「ジャポニスム2018」の広報企画のひとつ。

 提供路線は国際線全路線で、ロンドンとパリ線は8月1日から、そのほかの路線は順次導入する。

 

情報提供:トラベルビジョン

サウジアラビア:イエメンの反政府勢力支配地域からのミサイル攻撃に伴う注意喚起(その4)

【ポイント】
●サウジアラビアは,6月24日,リアド上空を飛来したイエメン反政府武装勢力が発射したとみられるミサイルを,サウジアラビア軍の防空システムによって迎撃したと発表しました。
●ミサイルの飛来を察知した際は,建物又は地下に避難する,物陰に身を隠す,地面に伏せて頭部を守る,できる限り窓から離れる等の対応に努め,自身の身の安全を確保してください。

(内容)
1 2015年3月以降,サウジアラビア主導連合軍とイエメン反政府武装勢力ホーシー派との間で戦闘が継続しています。これに伴い最近では,6月24日にイエメン反政府武装勢力ホーシー派が発射したとみられるミサイルがリヤド上空に飛来し,サウジアラビア軍の防空システムによって迎撃したと,サウジアラビアは発表しました。
 サウジアラビア国内では,危険情報「レベル1:十分注意してください」の地域でも,主に軍事基地及び関連インフラ設備を狙った弾道ミサイルがイエメン国内から飛来しています。その多くは,サウジアラビア軍の防空システムによって迎撃・破壊したとサウジアラビアは発表していますが,今後もサウジアラビア国内に向けた弾道ミサイル攻撃が継続し,ミサイルの着弾やそれに伴う爆風,迎撃した際の破片等により被害が生じる可能性は排除できません。引き続き情報収集に努めてください。

2 ミサイルの飛来を察知した際は,以下のような対策に努める等,自身の身の安全を確保してください。また,ミサイルの破片等の不審な物を発見した場合には決して近寄らず,速やかにその場を離れてください。
●近くの建物の中,又は地下に避難する(※)。
●近くに建物がない場合は,物陰に身を隠す,又は地面に伏せて頭部を守る。
●屋内にいる場合には、できるだけ窓から離れ,できれば窓のない部屋へ移動する。
 ※コンクリート造り等頑丈な建物が望ましいが,それ以外の建物でも構わない。

3 なお,各国については,別途危険情報が発出されていますので,併せて留意してください。
(1) サウジアラビア: 
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2017T091.html#ad-image-0 
(2) イエメン:
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2017T083.html#ad-image-0 

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
 3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )
 3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)5139
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○外務省海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先) 
○在サウジアラビア日本国大使館
 住所:A-11 Diplomatic Quarter, Riyadh, 11491, Saudi Arabia
 電話: (市外局番011) 488-1100
     国外からは(国番号966)11-488-100
 FAX : (市外局番011) 488-0189
     国外からは(国番号966)11-488-0189
 ホームページ:http://www.ksa.emb-japan.go.jp/j/index.htm

○在ジッダ日本国総領事館
 住所:No.32 Al-Islam St. Al-Hamra Dist. Jeddah, 21431, Saudi Arabia
 電話: (市外局番012) 667-0676
     国外からは(国番号966)12-667-0676
 FAX : (市外局番012) 667-0373
     国外からは(国番号966)12-667-0373
 ホームページ: http://www.jeddah.ksa.emb-japan.go.jp/j/index.htm

○在イエメン日本国大使館(在サウジアラビア日本国大使館内)
 住所:A-11 Diplomatic Quarter, Riyadh, Saudi Arabia
     (P.O. Box 4095, Riyadh 11491, Saudi Arabia)
 電話: (市外局番011) 482-6880
     国外からは(国番号966)11-482-6880
 FAX : (市外局番011) 488-0970
     国外からは(国番号966)11-488-0970
 ホームページ: http://www.ye.emb-japan.go.jp/Japanese/index.html

 
 
 
 

日本航空、成田/グアム線を冬も増便、B763ER

日本航空(JL)はこのほど、2018年度夏期ダイヤにおける成田/グアム線の期間増便を、冬期ダイヤにおいても継続することを決定した。夏期ダイヤでは1日2便を運航している。

 機材は「JAL SKY SUITE」仕様のB767-300ER型機を継続して投入する。航空券の予約販売は6月27日10時から開始した。増便分の運航スケジュールは以下の通り。

 なお、同路線ではユナイテッド航空(UA)も冬ダイヤで座席供給量を回復することを決定している。

▽JL、成田/グアム線運航スケジュール(10月28日〜2019年3月30日)
JL8943便 NRT 09時25分/GUM 14時05分(デイリー)
JL8944便 GUM 16時40分/NRT 19時25分(デイリー)

 

情報提供:トラベルビジョン