2019年02月の記事一覧

日本航空、フィジーエアウェイズとコードシェア開始、3路線で

日本航空(JL)は2月26日、フィジーエアウェイズ(FJ)が運航する成田/ナンディ線でコードシェアを開始した。27日からはナンディ/香港線、3月2日からはナンディ/シンガポール線も対象路線とする

続きはこちら

情報提供:TRAVEL VISION

JALのLCC、3月上旬にも許可申請と社名発表-新中計策定へ

JALグループは2月25日に開催した記者会見で、2020年夏ダイヤの運航開始をめざす国際線中長距離専門LCCについて、航空運送事業許可申請を3月上旬にもおこなうことを明らかにした。同社グループは昨年7月に日本航空(JL)の100%出資による準備会社「ティー・ビー・エル」(TBL)を設立しており(関連記事)、許可申請に際して実際に運航する航空会社名も発表するという。

 この日の記者会見は17年度から20年度までの中期経営計画(関連記事)を修正した「ローリングプラン2019」を発表するためのもので、会見では航空機への投資を400億円積み増して7000億円に引き上げることや、中距離LCCの新会社に「特別成長投資枠」として充てていた500億円のうち230億円を投資することなどを説明。JALグループは昨年の同時期にも「ローリングプラン2018」を発表している(関連記事)

 そのほか、来年度には20年度の目標としていた営業利益1800億円の1年前倒しをめざすこと、20年度を初年度とする新たな中期経営計画を策定すること、20年度の第1四半期からは決算などを国際財務報告基準(IFRS)に基づき開示することも発表した。

続きはこちら

情報提供:TRAVEL VISION

全日空、国際線の機内サービス改善、3月1日から

 全日空(NH)は3月1日の運航便から、国際線の機内サービスを拡充する。現在はANAマイレージクラブ会員に限定しているビジネスクラス機内食の事前予約サービスで対象者をビジネスクラスの旅客全員に広げるほか、路線限定で提供している有名レストランなどとのコラボレーションメニューを他の路線でも食べられるようにする。いずれもすでに予約受付を開始している。

続きはこちら

情報提供:TRAVEL VISION

TOPICS
カテゴリ