2019年08月の記事一覧

中部、7月の国際線旅客が2割増、11ヶ月連続プラス

中部、7月の国際線旅客が2割増、11ヶ月連続プラス

  • 2019年8月28日(水) 情報提供:トラベルビジョン
  •  中部国際空港の2019年7月の利用実績(速報値)で、国際線の旅客数は前年比22%増の60万1400人となった。7月単月の記録を更新したほか、11ヶ月連続でのプラス成長となった。国内線も8%増の58万860人と好調で、こちらも10ヶ月連続で前年を超えた。

 なお、国際線のうち日本人旅客は13%増の27万300人で、外国人旅客は32%増の32万9600人。日本人旅客の2桁増は2月から6ヶ月連続となる。

ネパール航空、成田/カトマンズ間でチャーター、9・10月に

ネパール航空、成田/カトマンズ間でチャーター、9・10月に

ネパール航空イメージ(発表資料より転載)  航空機チャーター専門旅行会社のJMRSの関連会社であるエアーチャータージャパン(ACJ)によれば、8月29日に関空/カトマンズ線を開設する予定のネパール航空(RA)は9月と10月に、成田/カトマンズ間で各1往復のチャーター便を運航する。ネパールのSUMEGH Travelsが日本法人設立を機に、同国におけるヒンドゥー教の大祭「ダサイン」の開催にあわせて実施するもので、使用機材はビジネスクラス18席、エコノミークラス256席のA330-200型機。

RAとACJによる記念撮影  ACJはチャーターの許可や発着枠の申請、空港での業務などをサポートする。なお、ACJによれば今回のチャーター便は主に在日ネパール人を対象としたもので、すでにいずれの便も約240人を集客。チャーター便の運航は11月上旬にも1往復が予定されているという。9月と10月の運航スケジュールは以下の通り。

RA、成田/カトマンズ間チャーター便の運航スケジュール

便名 出発空港 出発時間 到着空港 到着時間 運航日
RA4331便 KTM 21時30分 NRT 07時30分(翌日) 9月26日
10月2日
RA4332便 NRT 09時30分 KTM 14時00分 9月27日
10月3日

ミャンマー:マンダレー地域ピンウールイン他における攻撃事件に伴う注意喚起

ミャンマー:マンダレー地域ピンウールイン他における攻撃事件に伴う注意喚起

1 8月15日早朝,少数民族武装組織(北部同盟3組織(タアン/パラウン民族解放軍(TNLA),アラカン軍(AA),ミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA))が,マンダレ―地域ピンウールイン地区の国軍施設,シャン州ナウンチョー地区の警察署等少なくとも5か所を攻撃しました。ミャンマー政府の発表によれば,軍人9名,警官3名,民間人3名が死亡し,13名が負傷したとのことです。

2 その後もシャン州ラショー,クッカイ地区においても襲撃事案が発生しているところ,渡航・滞在を予定されている方や,既に滞在されている方におかれましては,治安情勢に関する最新情報の入手に努めるとともに,当面の間はピンウールインからクッカイに至る地域への不要不急の渡航を控えるようにしてください。

3 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在する方は,在ミャンマー日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時に在ミャンマー日本国大使館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html )

(問い合わせ先)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)5139
 ○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
 ○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館等連絡先)
在ミャンマー日本国大使館
所在地 : No. 100 Natmauk Road, Bahan Township, Yangon, Myanmar
TEL:+95-(0)1-549644~8
FAX:+95-(0)1-549643