お知らせ一覧

ANAとJAL、お盆の国際線旅客は0.2%の微増、利用率0.4pt減

ANAとJAL、お盆の国際線旅客は0.2%の微増、利用率0.4pt減

  • 2019年8月19日(月) 情報提供:トラベルビジョン
  • 全日空(NH)と日本航空(JL)が8月19日に発表したお盆期間(8月9日~18日)の国際線利用実績によると、2社合計の旅客数は台風の影響があったものの、前年比0.2%増の60万9279人とわずかに増加した。座席数は0.6%増の67万4414席で、利用率は0.4ポイント減の90.3%だった。
  •   

 NHは旅客数が前年並みの32万4077人、座席数が0.5%増の36万9099席で、利用率は0.5ポイント減の87.8%。JLは旅客数が0.4%増の28万5202人、座席数が0.8%増の30万5315席で、利用率は0.4ポイント減の93.4%だった。座席数と旅客数はNHがJLを上回り、利用率はJLが上回った。

 NHの方面別で最も旅客数が多かった方面は「アジア・オセアニア」で0.9%減の13万5671人。最も伸び率が高かったのは「ハワイ」で55.0%増の2万1744人だった。利用率が最も高かったのも「ハワイ」で0.1ポイント増の95.1%。利用率の伸び率の1位は「北米」で2.7ポイント増の89.6%だった。

 JLの方面別旅客数とその伸び率の1位はともに「北米」で、13.4%増の4万7338人。利用率は韓国を除いて全方面が90%台を記録し、利用率とその伸び率が最も高かった「台湾」は4.9ポイント増の96.4%となった。最も落ち込んだのは日本との関係悪化が懸念されている「韓国」で、7.7ポイント減の86.3%だった。

 両社が8月4日に発表した予約状況からの増減は以下の通り。

燃油、10・11月は値下がり、円高も影響-全日空発表

燃油、10・11月は値下がり、円高も影響-全日空発表

  • 2019年8月19日(月) 情報提供:トラベルビジョン

 8月と9月の発券分ではシンガポールケロシンの市況価格が81.81米ドル、為替レートが1ドル110.77円であった結果、円換算が9073円となっており、今回はケロシンの値下がりと円高のそれぞれが効いたことになる。

全日空 燃油サーチャージ 2019年10月・11月発券分

路線 変更後 変更前
日本=北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 1万500円 1万4000円
日本=ハワイ・インド・インドネシア 6000円 8500円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 4500円 6500円
日本=ベトナム・フィリピン・グアム 3000円 4000円
日本=東アジア(韓国除く) 2500円 3500円
日本=韓国 500円 1000円

アメリカン航空、プレエコが米系最大規模に、全ワイドボディ機に搭載完了

アメリカン航空、プレエコが米系最大規模に、全ワイドボディ機に搭載完了

  • 2019年8月19日(月) 情報提供:トラベルビジョン
  • アメリカン航空(AA)はこのほど、ワイドボディ機へのプレミアムエコノミーの搭載を完了した。同クラスの座席数は3025席となり、他の米系航空会社を上回る規模という。対象機材はB787型機、B777型機、A330-200型機の合計124機で、日本路線では成田からのダラス/フォートワース線、ロサンゼルス線、羽田からのロサンゼルス線で利用可能だ。

 AAグローバルマーケティング担当副社長のジャネル・アンダーソン氏は、 「プレミアムエコノミーを初めて導入した米系航空会社として、 高速WiFiやライブTV、 搭乗前の新たなアメニティなど、 アメリカン航空をご利用のお客様にワンランク上の空の旅をお届けする新たなサービスに引き続き投資していきます」とするコメントを発表。

 AAでは2020年にB787-8型機を12機受納する予定で、これによりエコノミークラスの座席もさらに10%超増加する見込みという。