お知らせ一覧

外務省、欧州20ヶ国の感染症危険レベルを3に、残りも2

 外務省は3月23日付けで、欧州18ヶ国の全土に感染症危険レベル3の渡航中止勧告を発出した。欧州における新型コロナウイルスの感染拡大を受けたもの。すでに全土をレベル3にしていた2ヶ国を加えて、計20ヶ国に渡航中止勧告を発出したこととなる。

 残りの16ヶ国については、引き続き全土をレベル2とする。詳細は以下の通り。

【アンドラ、イタリア(※)、エストニア、オーストリア、オランダ、スイス(※)、スペイン(※)、スロベニア、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、フランス、ベルギー、マルタ、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク】
●上記各国全土
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)(引き上げ)
(※)のすでにレベル3を発出している地域については継続

【アイスランド、サンマリノ】
●上記各国全土
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)(継続)

【アイルランド、英国、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スウェーデン、スロバキア、チェコ、ハンガリー、フィンランド、ブルガリア、ポーランド、ポルトガル、ラトビア、リトアニア、ルーマニア】
●上記各国全土
レベル2:不要不急の渡航は止めてください(継続)

 

情報提供:トラベルビジョン

全日空、羽田2タミの国際線サービスを拡充、最大級ラウンジに足湯も

 全日空(NH)は3月29日、羽田空港第2ターミナルで国際線用施設が開業するのに合わせて新サービスを開始する。自動手荷物預け機や「スマートレーン」を活用する「FAST TRAVEL」を推進し、チェックインから搭乗までストレスなく利用できるようになるという。

 また、第2ターミナル内に国際線の出発と到着のラウンジを新設。総座席数約1300席の出発ラウンジは国内最大級といい、バーテンダーやバリスタ、シェフが接客するバーカウンターやライブキッチンを設けた。到着ラウンジにはシャワー施設を充実したほか足湯エリアも設置したという。

 

情報提供:トラベルビジョン

TOPICS
カテゴリ