お知らせ一覧

シンガポール航空、中部線でB787-10型機を導入

シンガポール航空(SQ)は7月28日から、中部線にB787-10型機を投入する。同型機は関空と成田ではすでに運航を開始しているもので、座席構成は2クラス制の337席。フルフラットのビジネスクラス36席、エコノミークラス301席を備える。

B787-10型機の中部就航を記念して、中部/シンガポール線の全クラスでうなぎを使用した記念メニューを提供。ビジネスクラスでは、京都の老舗料亭「菊乃井」の村田吉弘氏が監修する機内食「花恋暦」とあわせて、7月と8月はうなぎ、9月は愛知県三河産の牛肉「みかわ牛」を使用したメニューを用意。エコノミークラスでは7月から9月末までうなぎを使用した機内食を選ぶことができる。

さらにボーイング社とコラボレーションしたキャンペーンを実施。SQの航空券を日本で購入した人の中から抽選で10名を、シンガポールにあるボーイング社のトレーニングセンターで開催するB787-10型機のフライトシミュレーター体験会に招待する。

なお、SQは12月までに福岡にもB787-10型機を導入する計画だ。

▽SQ、B787-10型機による中部/シンガポール線の運航スケジュール

SQ671便 NGO 10時30分発/SIN 16時20分着(デイリー)

SQ672便 SIN 01時20分発/NGO 09時05分着(デイリー)

※7月27日まではA330型機

情報提供:Travel vision

 

 

 

UA、ビジネスクラスラウンジをニューアークに開設

ユナイテッド航空(UA)はこのほどニューアーク・リバティー国際空港に、長距離国際線向けビジネスクラス用の「ユナイテッド・ポラリス」ラウンジを開設した。

ラウンジ内には570ヶ所の電源コンセントに加え450個のUSB ポートを完備し、電話用のパーソナル個室を4部屋設置している。また、米高級デパート「サックス・フィフス・アベニュー」の寝具類を備えた、仮眠が可能なプライベート・デイベッドを10台配置したほか、レインフォール・シャワーとソーホーハウス&Co.のカウシェッドスパで使用されているスキンケア用品を備えたシャワースイート10部屋も用意。

ビュッフェ・エリアには、セルフサービスのベーグル・バーを設置したほか、胡瓜のライタを添えたカレー風味のサーモンサラダやサンドイッチ、シャルキュトリーの盛り合わせやチキンパルメザンなどを用意。

ラウンジ・バーには、キューバ・リブレにイタリアのお酒を使用しアレンジしたカクテルや、自家製のアニスを漬け込んだウォッカを使ったユナイテッド・ポラリス・スターなどの特製ドリンクを含めたカクテルを揃える。

同ラウンジは、今年4月にサンフランシスコ国際空港でもすでにオープンしており、夏にはヒューストンに、今年秋にはロサンゼルス国際空港でも順次オープンする予定だ。

 情報提供:Travel vision

 

ブラジル リオデジャネイロ / 「FIFAワールドカップ・ロシア大会」開催に伴う注意喚起 ※日本国総領事館 発出情報

在リオデジャネイロ日本国総領事館より、FIFAワールドカップ・ロシア大会の開催に伴う注意喚起が発出されておりますので、ご案内いたします。

開会式や決勝戦、ブラジル代表の試合が行われる6月17日(日)・22日(金)・27日(水)などの日には、特にご注意ください。                                                         

2018年6月13日 在リオデジャネイロ日本国総領事館

情報提供:Travel vision