台湾 台北 / 「故宮博物院」、12月02日から館内での撮影が可能に

世界四大博物館の一つに数えられる台北の人気観光スポット「故宮博物院」では、2016年12月02日より、館内での写真撮影、ビデオ撮影を許可することを発表いたしました。
これまで同博物館では、館内での撮影を禁止しておりましたが、2016年9月01日~12月01日の期間、試験的に撮影を解禁したところ結果が良好であったことから、この度、正式に許可することを決定しております。
なお、撮影にあたり、いくつか禁止事項も定められておりますので、館内での写真撮影をご予定の方は、くれぐれもご注意ください。

★ 禁止事項
* フラッシュ、モノブロックストロボ、クリップオン(補助光)、自撮り棒、三脚などの
 撮影機材は使用禁止。
* 展示物前での団体撮影は禁止。
* 金曜と土曜の夜間延長期間は撮影禁止。

※詳細: 故宮博物院の公式サイトより
 URL https://www.npm.gov.tw/zh-TW/Article.aspx?sNo=04007547 (中国語)