日本人に海外人気観光地、1位は2年連続アンコールワット-トリップA

日本人に海外人気観光地、1位は2年連続アンコールワット-トリップA

トリップアドバイザーはこのほど、「日本人に人気の海外観光スポット2016」を発表した。2015年10月から16年9月までの1年間に、同社のウェブサイト上に投稿された日本語の口コミをもとに決定したもので、ランキングの発表は今回で7回目。1位は昨年に引き続き、カンボジアのアンコールワット遺跡群、2位はアメリカのアンテロープキャニオン、3位はスペインのサグラダ・ファミリア教会となった。

 1位のアンコールワットは「想像以上に大きく素晴らしかった」「世界遺産の中でも群を抜いて良かった」など、その存在感と偉大さに感動したという声が寄せられた。2位のアンテロープキャニオンは、昨年の47位から急上昇。褐色の縞模様の砂の層と上から照らされる日の光とのコントラストの美しさを評価するコメントのほか、「砂埃が激しいのでサングラスとマスクがあると便利」など他の旅行者に役立つ意見も寄せられた。

 このほか、ランキングの上位50位を見ると、ヨーロッパの観光地が28ヶ所選ばれており、全体の半数以上を占めた。初めて上位50位に入った観光地は、アラブ首長国連邦のシェイク・ザイード・グランド・モスクやハワイのマウイ島にあるラニカイ・ピルボック・ストレイルなど7ヶ所。ランキングの詳細は下記の通り。