海南航空、新千歳/杭州、長沙線を開設、訪日需要で

 海南航空(HU)は1月23日から新千歳/杭州線を週3便で、翌24日から新千歳/長沙線を週2便でそれぞれ運航する。使用機材はボーイングB737-800型機で、座席数はビジネスクラス8席、エコノミークラス120席。HUが新千歳に就航するのは今回が初めてで、これにより日本路線は計6路線となる。今後は関空などへの就航も計画しているという。

 HUによると、訪日中国人の需要が80%から90%を占める見込み。予約状況は現在、中国からの団体客を中心に90%以上で推移しているという。運航スケジュールは以下の通り。

▽HU、新千歳線運航スケジュール
・杭州線(1月23日~)
HU430便 CTS 13時00分発/HGH 16時00分着(月・水・金)
HU429便 HGH 07時40分発/CTS 12時00分着(月・水・金)

・長沙線(1月24日~)
HU432便 CTS 13時20分発/CSX 17時30分着(火・土)
HU431便 CSX 07時15分発/CTS 12時20分着(火・土)

情報提供:Travel Vision