フィリピン航空、デンパサール線をデイリー化、3月末から

 

フィリピン航空(PR)は3月26日に開始する2017年夏ダイヤで、マニラ/デンパサール線を増便しデイリー化する。同路線は16年夏ダイヤでは週3便で、現行の冬ダイヤでは週6便で運航。PRによれば昨年にガルーダ・インドネシア航空(GA)が日本/デンパサール線を減便したことなどから、羽田/マニラ線を使ってデンパサールに向かう日本人旅行者の需要が増加しているという。

 PRは現在、羽田/マニラ線を1日2便で運航中。このうち、羽田を15時05分に出発してマニラに18時55分に到着するPR421便、マニラを8時45分に出発して羽田に14時05分に到着するPR422便と、マニラ/デンパサール線の接続が良いという。

 マニラ/デンパサール線の運航機材はエアバスA320型機で、ビジネスクラス11席、エコノミークラス144席の計155席。運航スケジュールは以下の通り。

▽PR、マニラ/デンパサール線 運航スケジュール(3月26日~)
PR537便 MNL 20時40分発/DPS 00時40分着※翌日(デイリー)
PR538便 DPS 01時30分発/MNL 05時25分着(デイリー)

情報提供:.travelvision