ハワイアン航空、関空線にフルフラットシート、3月16日から

 ハワイアン航空(HA)は3月16日、関空/ホノルル線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入する。昨年12月には成田/ホノルル線に導入しており、日本線では2路線目となる。HAは2015年10月に、16年第2四半期からエアバスA330-200型機を刷新してビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表していたところで、今後は羽田/ホノルル、コナ線にも順次導入する予定。

 フルフラットシートは革張りで、幅52センチメートル、長さ193センチメートル。配置は2-2-2で、ビジネスクラスの座席数に変更はない。一方、今回の導入にあわせてエコノミークラスを減らしてプレミアムエコノミークラスを28席増やすことにより、座席数はビジネス18席、プレエコ68席、エコノミー192席の計278席となる。

 今後は3月30日に羽田/ホノルル線のHA457・458便に、5月10日には羽田/コナ線のHA851・852便と、羽田/ホノルル線のHA855・856便にも導入する計画だ。

 

情報提供:Travel Vision