アシアナ航空、期間限定で関空/仁川線にA350、日本に披露

 アシアナ航空(OZ)は5月15日から8月13日までと9月29日から10月28日までの期間限定で、1日4便で運航中の関空/ソウル(仁川)線にエアバスA350 XWB型機を導入する。OZによると「長距離路線への導入を予定するA350型機の日本へのお披露目」が目的で、期間終了後の導入は未定という。

 座席数はビジネスクラス28席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス247席の計311席。現行のA330型機はビジネスクラス30席、エコノミークラス260席の計290席で、導入により3クラス制になるほか座席が21席増加することになる。

 現行のA330型機の座席配列は2-4-2だが、A350は3-3-3となり、同じ3-3-3のボーイング787型機と比べると、シート幅は4インチ広いという。機内では有料のWiFiサービスなどを提供する。運航スケジュールは下記の通り。

▽OZ、関空/仁川線運航スケジュール(5月15日~8月13日、9月29日~10月28日)
OZ111 KIX 10時50分発/ICN 12時40分着(デイリー)
OZ113 KIX 17時00分発/ICN 18時50分着(デイリー)
OZ112 ICN 07時55分発/KIX 09時40分着(デイリー)
OZ114 ICN 14時05分発/KIX 15時50分着(デイリー)

情報提供:Travel Vision