全日空、国内線ラウンジ刷新へ、新千歳など4空港

 全日空(NH)は2月21日、新国立競技場の設計などを担当した建築家の隈研吾氏の監修による、国内線ラウンジの刷新計画を発表した。9月中旬に新千歳空港の国内線ラウンジをリニューアルオープンするほか、2018年度以降に福岡、伊丹、那覇のラウンジをリニューアルする。

 同日に開催した記者会見でNH代表取締役社長の篠辺修氏は、「LCCとの競争が続くなかで、差別化に向けてさまざまなグレードのおもてなしに積極的にチャレンジするタイミングに来た」と説明。「伝統的な日本の美や、先進性を融合させた未来のラウンジを作り、お客様に過ごし方の提案をしたい」と意気込みを示した。

ラウンジ正面のイメージ
 ラウンジのデザインやコンセプトなどを監修した隈氏については、「国内線ラウンジに加えて、国際線や新しい機材の機内のプロダクトなどについても監修をお願いできれば」とコメント。4空港以外については刷新の具体的な計画はない旨を説明しながらも、「20年の東京五輪までにできるものには取り組みたい。長期的にANAのブランドを作って発信していきたい」と語った。

 記者会見では、自ら「ラウンジのヘビーユーザー」と語る隈氏が、新ラウンジのコンセプト「一期一会」について説明。同氏は、大理石などを使用したラグジュアリーな海外のラウンジに対しては「本当にくつろげるのか疑問」と述べるとともに、「ラウンジは最高のくつろぎとおもてなしを提供する空間でなければならない」と主張し、日本らしさを体現する言葉として「一期一会」を選んだことを説明した。

▽新千歳は面積が2倍に、同時期に上級ラウンジも新設

 新千歳空港のラウンジについては現在の2階から3階に移転し、面積も約2倍に拡大する。隈氏によればテーマは「大空の玄関」「翼に包まれる空間」で、天井や壁には和紙を用い、翼をイメージしたデザインで軽やかな雰囲気を演出。滑走路に面した東側には全面ガラス張りの窓を設ける。工事期間は3月15日から9月初旬までで、期間中は現在のラウンジを閉鎖。閉鎖中のラウンジサービスについては2月22日にウェブサイトで案内する予定だ。

 なお、新千歳については同じく9月中旬に、ANAマイレージクラブの上級会員などを対象にした最上級ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」も開設する。フロアは国内線ラウンジと同じ3階で、食事は北海道にちなんだメニューなどを提供する。

 そのほか、2階にはラウンジに直結する優先チェックインカウンターと保安検査場を新設する。同施設を設けるのは、国内空港では羽田に続き2例目。プレミアムクラスの乗客や、ANAマイレージクラブの上級会員などが利用できる。

情報提供:Travel Vision