トワイライトエクスプレス瑞風、全出発日で抽選の人気ぶり 倍率68倍のコースも

 豪華寝台列車「トワイラトエクスプレス瑞風」の第1期発売分となる6-9月出発分の応募状況がこのほど発表された。6月21日出発の「山陽・山陰コース(周遊)2泊3日」のザ・スイートが68倍に達するなど、すべての出発日で抽選だ。

 昨年12月5日から今年1月31日まで日本旅行の瑞風ツアーデスクで受け付け、募集件数368に対し2022件の応募があり平均倍率は5.5倍だった。応募者の年齢層は40-60代がほとんどを占め、なかには10代や80代も。関西在住者は全体の4割ほど。首都圏からの応募者をあわせると大半を占めた。ちなみに、6月17日の初列車の部屋別での倍率は、ロイヤルツイン約19倍、スイート約29倍、ロイヤルシングル約67倍。

 2月13日に行われた記者会見で、JR西日本鉄道本部の室博営業本部長は「多くの方が瑞風に乗りたいと思ってくださり感謝しています。先日、瑞風の試運転に添乗する機会があり、山陽本線を走行しました。そこで見た明石大橋と車窓に消えてゆくその姿は格別でした。瑞風は窓が開きます。流れる景色や風、食事などを五感で楽しんでください」と語った。

 第1期で瑞風が走るのは、山陽や山陰本線などを経由して大阪・京都-下関を発着する4つの片道コースと周遊コースの5コースで23回催行する。料金は1人27万円から125万円。第2期は、10月以降出発分で4月1日から受付を開始する予定。

情報提供:トラベルビジョン