ナイジェリア:アブジャ空港の一時閉鎖に係る注意喚起

【ポイント】
●アブジャ空港は,滑走路工事のため,3月9日から閉鎖しました。アブジャへの渡航は大きな危険を伴うため,同地への渡航は中止してください。

【本文】
1 3月9日午前0時から,滑走路工事に伴いアブジャ空港(Nnamdi Azikiwe International Airport)が閉鎖されました。同空港は4月18日までの6週の間,閉鎖される予定となっておりますが,工事の進捗状況等によっては,空港再開が遅れる可能性も否定出来ませんので,最新の情報をご確認ください。
 なお,アブジャ空港閉鎖関連情報については,ナイジェリア政府が公式サイトを開設していますので,ご参考ください。
○アブジャ空港閉鎖関連サイト: http://www.abujaairportclosure.info/

2 同空港の閉鎖期間中,ナイジェリアへの渡航については主にラゴス空港を利用することになります。したがって,アブジャへの渡航は,ラゴスから陸路移動するか,ラゴス空港から代替空港であるカドゥナ空港へ移動し,そこから陸路でアブジャへ移動することとなります。
 ラゴス-アブジャ間の陸路による移動は長距離であることに加え,道路状況も悪く治安面でも危険を伴います。また,カドゥナ空港周辺では,部族や宗派に起因する対立や凶悪犯罪や襲撃など治安面に大きな不安があります。

3 つきましては,上記期間中のアブジャへの渡航は中止してください。万一,カドゥナ空港を利用せざるを得ない場合は,各種警備対策(防弾車での移動,武装警察官による身辺警護等)を講じてください。

4 なお,ナイジェリアについては,別途危険情報が発出されていますので(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2015T134.html#ad-image-0 ),併せてご留意ください。特に,北東部(ボルノ州,ヨベ州,アダマワ州)には,退避勧告を発出していますので,絶対に渡航しないでください。

5 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )。
3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
○外務省海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)
            
(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)3047

(現地大使館連絡先)
○在ナイジェリア日本大使館
  住所:No.9, Bobo Street (off Gana Street), Maitama, Abuja, Nigeria (P.M.B. 5070 WUSE)
  電話:(市外局番09) 461-2713,2714,3289,3290
   国外からは(国番号234)9-461-2713,2714,3289,3290
  FAX:(市外局番09)461-3288
   国外からは(国番号234)9-461-3288
  衛星電話FAX:(衛星電話コード870)600-315-545
  ホームページ:http://www.ng.emb-japan.go.jp/j/