ヨルダン:アラブ連盟首脳会議開催に関する注意喚起

●3月29日,ヨルダンの死海リゾート地区でアラブ連盟首脳会議が開催されます。その間,ヨルダン治安当局による警備体制の強化,交通規制が行われることに留意してください。
●首脳会議期間及びその前後の期間については,不測の事態が発生する可能性も排除できないため,最新の関連情報の入手に努める等,自らの安全対策に十分な注意を払ってください。

(内容)
1 ヨルダンの死海リゾート地区において,3月29日,アラブ連盟首脳会議の開催が予定されています。 本会議開催に際しては,ヨルダンの治安関係機関はテロ等に備えて,空港・道路などの警備体制を強化するため,セキュリティーチェックの厳格化による空港の混雑,幹線道路の渋滞などにより,通常よりも移動に多くの時間がかかることが予想されます。
 なお,3月21日午後2時より同30日深夜までの間,死海リゾート地区のホリデーインホテルからクラウンプラザホテルまでの道路(約4.3km)が封鎖される予定です。

2 また,ヨルダンにおいては,近年イスラム過激派武装組織ISIL及びその支持者によるテロ及び未遂事案が発生しています。昨年12月には,ヨルダン南部のカラクでテロを企画していたグループと治安機関との間で激しい銃撃戦となり,多数の死傷者が発生しました。
 現在のところ,イスラム過激派等からの具体的な動きは確認されていませんが,国際的な注目が集まるアラブ首脳会議に合わせてテロの実行が試みられる可能性は排除できません。

3 つきましては,ヨルダンに渡航・滞在される方は,テロ等不測の事態に巻き込まれることのないよう,報道等により最新の関連情報の入手に努めるとともに,官公庁,治安機関等の政府関連施設,集会等大勢の人が集まる場所に不用意に近づかない等,自らの安全確保に十分な注意を払ってください。
 また,旅行者の方は「たびレジ」への登録を行って,在ヨルダン日本国大使館からの緊急メールを受信できるようにしておくことをお勧めいたします。

4 なお,ヨルダンには別途危険情報も発出されていますので,併せて留意してください。
  http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2017T006.html#ad-image-0

5 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )。
3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/(PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html(スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在ヨルダン日本国大使館
住所:Between 5th and 6th Circles, Foeg Halezon Street, Basin No.21 North Abdoun, Amman, The Hashemite Kingdom of Jordan(P.O.Box 2835, Amman, 11181 Jordan)
 電話:(市外局番06)5932005
   国外からは(国番号962)-6-5932005
 FAX:(市外局番06)5931006又は5922176
   国外からは(国番号962)-6-5931006又は5922176
  ホームページ:http://www.jordan.emb-japan.go.jp/index_i.htm

情報提供:外務省 海外安全