北陸の霊峰・白山開山1300年(3) 国内外の名車がズラリ

 小松市の日本自動車博物館は、自動車のテーマパークとしては展示台数日本一を誇る自動車ファン垂涎の施設。約3500坪という広大な敷地内に、国内外の名車が500台も所狭しと並ぶ。

歴史的名車から懐かしの大衆車まで

 展示されている自動車は、生産年は1900年代初頭から平成まで、車種も高級車からスポーツカー、大衆車まで幅広く、自動車の歴史と魅力をくまなく伝えている。1階はトヨタやフォード、ボルボ、2階は日本各メーカーやベンツ、ジャガー、3階はトラックやスポーツカーとフロアごとに楽しみは異なる。

日本では1台しかないといわれる1948年イギリス製のロールス・ロイスシルバーレースや、1938年製ダットサン・クーペ、1899年製ドディオン・ブートンなど歴史的名車もズラリ。1968年製いすゞBXD30ボンネットバスは映画「三丁目の夕日」で見たあの懐かしの車。必見だ。

 (17/05/17)

情報提供:トラベルビジョン