チャイナエアライン、鹿児島/台北線を増便、7月から週5便

 チャイナエアライン(CI)は7月3日から10月28日まで、週4便で運航中の鹿児島/台北(桃園)線を週5便に増便する。台湾からの訪日需要の増加を受けたもので、火、木、金、日曜日に加えて、月曜日の便を追加する。使用機材は現行と同じボーイングB737-800型機で、座席数はビジネスクラスが8席、エコノミークラスが153席。運航スケジュールも現行便と同様で、関係当局の認可取得が条件となる。

 CIによると、同路線の搭乗率は7割から8割で推移しており、需要は台湾発が大半を占めるという。増便分の運航スケジュールは下記の通り。

▽CI、鹿児島/桃園線 増便分運航スケジュール(7月3日~10月28日)
CI119便 TPE 08時15分発/KOJ 11時20分着(月)
CI118便 KOJ 12時20分発/TPE 13時30分着(月)

情報提供:トラベルビジョン