KNT-CT、平昌五輪ツアー第1弾発売、スケートとスキージャンプ

KNT-CTホールディングスは、2018年2月9日から25日まで韓国江原道の平昌で開催される、第23回オリンピック冬季競技大会(平昌五輪)の観戦ツアーの販売を開始する。同社は平昌五輪の日本における指定旅行会社の1つで、今回は第1弾として、男子フィギュアスケートや女子スキージャンプを観戦する3種類のツアーを用意。近畿日本ツーリスト個人旅行(KNT個人)は5月22日に1種類のツアーを、クラブツーリズム(クラツー)は27日に2種類のツアーを、それぞれ発売する。

 KNT個人は「フィギュアスケート男子観戦ツアー3日間」を企画。2月15日から17日までショートプログラムを観戦するプランAと、16日から18日までフリープログラムを観戦するプランBの2コースを設定した。

 出発地は成田、中部、関空、福岡、新千歳で、旅行代金はエコノミークラス、2名1室利用の場合、大人1人あたり39万8000円から47万8000円とした。燃油サーチャージは含まれるが、空港施設使用料などは別途徴収する。募集人員は5組10名で、申し込みは専用ウェブサイトで5月31日まで受け付け、参加者は抽選で決定する。

 クラツーは、「フィギュアスケート男子観戦ツアー ショートプログラム&フリー4日間」と「スキージャンプ女子観戦ツアー3日間」を用意。フィギュア観戦ツアーは2月15日から18日までの3泊4日で、出発地は成田または羽田。旅行代金はエコノミークラス、2名1室利用の場合、大人1人あたり75万円から80万円とした。スキージャンプ観戦ツアーは2月11日から13日までの2泊3日で、出発地は成田または羽田。旅行代金はエコノミークラス、2名1室利用の場合、大人1人あたり39万円。

 両ツアーとも旅行代金とは別に、燃油サーチャージおよび諸税などを徴収する。申し込みは先着順で受け付ける。募集人員は非公開。

 第2弾以降のツアーは、KNT個人が6月以降に他の競技の観戦ツアーを、9月頃には近畿日本ツーリストが男子フィギュアスケートの観戦ツアーを発売する予定という。クラブツーリズムについては未定とした。なお、今後発表するツアーについては、KNT-CTホールディングスの平昌五輪専用ウェブサイトで順次案内する。

情報提供:トラベルビジョン