バニラ、「成田発LCCNo.1」へ-新スローガンなど発表

 バニラエア(JW)は5月24日、新しい経営ビジョンやブランド戦略、経営理念などを発表した。経営ビジョンでは、就航便数や旅客数、利用率などで「成田発LCCNo.1」をめざす。詳細な目標については今後検討を進めていく。

 加えて、「次のステージへLCCモデルを進化させる」「LCCNo.1の運航品質を提供する」こともビジョンとして掲げた。LCCモデルの進化については、多頻度運航で安価な運賃の提供を継続しながら、顧客のニーズをより理解することで、サービスのさらなる強化をめざす。同社は4月から、顧客などからの要望を受けて機内誌「VANILLA PRESS」を創刊したところ。今後も利用者とのコミュニケーションを強化し、満足度が高まるようなサービスを提供していく方針だ。

ロゴを表記した機体 ブランド戦略では「Creating New Sky Experience.」をスローガンに設定。「お客様とのさまざまな接点において、お客様視点でサービスの品質を高めていく」という。スローガンはロゴの下に表示し、機体の側面にも順次表示していく。同日、スローガンを記した機体の1号機を発表した。

 このほか、経営理念についても同時に発表。「社員と社会の豊かな未来を想像する」「低運賃を提供するために常に創意工夫をする」「日本品質で安心・信頼を提供する」「地域の活性化に貢献する」の4項目を掲げた。

情報提供:トラベルビジョン