タイガーエア台湾、旭川/台北間で定期チャーター、6月17日から

 

 

ITのA320型機  

 旭川空港によると、タイガーエア台湾(IT)は6月17日から10月21日まで、旭川/台北(桃園)間で週2便のプログラムチャーター便を運航する。同空港については、これまで中国東方航空(MU)が唯一の国際線として上海(浦東)線を運航していたが、今年4月に運休。IT便は唯一の定期的な国際運航便となる。

 使用機材はエコノミークラス180席のエアバスA320型機。同社によれば、旭川/桃園間についてはこれまで定期便・チャーター便ともに運航実績はないという。座席は主に台湾人向けに販売される見込み。

 なお、ITは6月1日には、7月2日から10月25日まで茨城/桃園間で週2便のプログラムチャーター便を運航することを明らかにしている。運航スケジュールは以下の通り。

▽IT、旭川/桃園間定期チャーター便運航スケジュール(6月17日~10月21日)
IT2239便 AKJ 14時15分発/TPE 17時30分着(火)
IT2239便 AKJ 13時25分発/TPE 16時35分着(土)
IT2238便 TPE 08時15分発/AKJ 13時25分着(火)
IT2238便 TPE 07時25分発/AKJ 12時35分着(土)

情報提供:トラベルビジョン