マレーシア航空、成田/KUL線にA380導入、8・9月限定

マレーシア航空(MH)は8月10日から9月23日までの間、週10便で運航中の成田/クアラルンプール線の一部の便について機材を大型化し、夏の繁忙期の需要に対応する。現在はビジネスクラス27席、エコノミークラス261席の計288席のエアバスA330-300型機で運航しているが、期間中は対象便をビジネスクラス74席、エコノミークラス412席の計486席のA380型機に変更。座席数は1便あたり198席増加する。現在は政府認可申請中。

 MHによると、同路線の搭乗率は今年の1月から3月までは約95%と好調に推移。1月と2月は旧正月などの訪日需要が、3月は日本の春休みと卒業旅行需要が後押しした。需要の比率は成田発が6割、クアラルンプール発が4割。クアラルンプール発についてはシンガポールやタイからの乗継客も多いという。

 対象便は成田を毎日10時30分に出発するMH89便と、クアラルンプールを毎日23時59分に出発するMH88便。運航日はMM89便が8月11日から13日、18日から20日、9月8日から12日、14日から17日、22日と23日で、MM88便が8月10日から12日、17日から19日、9月7日から11日、13日から16日、21日と22日とした。運航スケジュールは下記の通り。

▽MH、成田/クアラルンプール線 A380型機による運航スケジュール
MH89便 NRT 10時30分発/KUL 16時45分着
MH88便 KUL 23時59分発/NRT 08時10分着※翌日