LHグ、カードで付帯サービス支払可能に、170以上の空港で

ドイチェ・ルフトハンザAG(ルフトハンザ・グループ)はこのほど、アマデウスとカード決済端末メーカーのインジェニコが開発した、空港向けの決済サービス「アマデウス・エアポートペイ」を世界の170以上の空港に導入した。これにより利用客は、チェックインカウンターやチケットオフィスなどで、超過手荷物など付帯サービスの料金をクレジットカードやデビットカードなどで支払うことが可能になった。オーバーブッキングの際の便の振り替えに協力した乗客への補償金の支払いについても、同端末で受け付けるという。

 支払いの際には暗証番号の入力を求める。なお、同サービスはクレジット業界における国際的なセキュリティ基準「PCIデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)」に完全に準拠しているという。

情報提供:トラベルビジョン