JATAと成田、今年も若者の旅券取得に1万円、先着300名

JATAと成田、今年も若者の旅券取得に1万円、先着300名

 

 日本旅行業協会(JATA)と成田国際空港(NAA)は観光庁の後援のもと、7月15日から「旅立て若者!パスポート取得応援キャンペーン」を開始する。新たにパスポートを取得または更新した若者のうち先着300名に1万円を助成するもので、成田の累計旅客数が今夏に10億人を超えること、政府が新たな観光ビジョンで「若者のアウトバウンド活性化」を推進していることなどを受け、昨年に続き実施。助成金は今年もNAAが全額負担する。

 昨年は、満18歳以上23歳未満の日本在住者のうち先着500名を対象に実施していたが、パスポートの取得・更新後の旅行で国際線と国内線の両方を利用しなければならないなど条件が厳しかったことから、応募者数は50名にとどまったという。

 そこで2回目となる今年は条件を緩和し、対象年齢を4月1日時点で満12歳以上25歳未満の日本在住者に拡大したほか、1月1日以降にパスポートを取得・更新した人をすべて対象者とした。旅行については、7月15日から18年3月31日までに、JATA会員の旅行会社で成田発便を利用する募集型企画旅行を購入することとし、成田発着の国内線を利用することは条件に含めなかった。

 応募期間は7月15日から18年4月15日まで。NAA公式サイトの特設ページの応募フォームに必要事項を入力し、クイズに回答することで応募できる。