ANAとJAL、17年上半期国際線旅客は4.3%増-欧州が利用率1位

全日空(NH)と日本航空(JL)の2017年上半期(1月~6月)の国際線の運航実績で、2社の旅客数の合計は前年比4.3%増の876万8435人となった。座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)が3.8%増だったのに対し、旅客輸送量を表す有償座席キロ(RPK)が6.6%増となった結果、利用率は2.1ポイント増の77.6%となった。

 2社のうち、8月3日に運航実績を発表したNHの旅客数は8.7%増の461万5138人。ASKは7.9%増、RPKは11.0%増で、利用率は2.1ポイント増の75.1%となった。旅客数ではJLを上回ったが、利用率についてはJLが2.3ポイント増の80.8%でNHを上回った。

 方面別の旅客数では、NHは全方面が増加し、最も多かったのは「アジア・オセアニア」で8.5%増の318万7196人。伸び率が最も高かったのは昨年末から回復基調にある「欧州」で、20.0%増の41万1861人だった。

 利用率が最も高かったのは「欧州」で、9.7ポイント増の78.6%。「北米・ホノルル」は1.8ポイント増の76.4%、「アジア・オセアニア」は0.2ポイント減の72.8%だった。

 

JLの方面別旅客数は「欧州」が14.6%増の33万8910人、「米大陸」が6.6%増の60万5316人となったが、他の方面は座席数を絞ったことなどもあり前年を下回った。利用率は「ハワイ・グアム」が2.1ポイント減の82.4%、「韓国」が1.4ポイント減の80.3%となった以外はすべて前年を上回った。「欧州」は8.6ポイント増の83.6%で、利用率・伸び率ともにトップ。なお、JLは7月25日に上半期と6月の実績を発表している。

 

▽6月単月は0.5%増、利用率は8ヶ月ぶりに減少

6月単月では、2社の国際線旅客数の合計は0.5%増の141万6010人となった。ASKは4.0%増、RPKは3.8%増で、利用率は0.2ポイント減の77.5%となり、昨年10月以来8ヶ月ぶりに前年を下回った。

 このうちNHの旅客数は、1.9%増の73万1400人。ASKは7.5%、RPKは5.9%で、利用率は1.1ポイント減の73.8%となり、昨年8月以来10ヶ月ぶりに前年を下回った。NHによれば、訪日中国人の伸びが鈍化したことや、朝鮮半島情勢がの不安定化による日本人の韓国旅行の減少などが響いたという。一方、JLは旅客数が0.9%減の68万4610人、ASKが0.1%減、RPKが1.4%増で、利用率は1.3ポイント増の82.2%と前年を上回った。

 方面別の旅客数は、NHは「北米・ホノルル」が3.8%増の18万280人、「欧州」が13.4%増の6万8152人と増加したが、「アジア・オセアニア」は0.2%減の48万2968人となった。利用率は「欧州」は3.2ポイント増の76.3%と増加したが、「北米・ホノルル」は0.2ポイント減の80.4%、「アジア・オセアニア」は3.1%減の67.5%だった。

JLは「欧州」が10.2%増の5万9467人、「米大陸」が6.0%増の11万343人、「東南アジア」が0.5%増の26万7277人で、3方面が前年を上回った。利用率は「米大陸」が最も高く、1.4ポイント増の85.9%。「ハワイ・グアム」「欧州」「東南アジア」も8割を超えた。伸び率が最も高かったのは「欧州」で、4.9ポイント増の82.9%だった。

情報提供:トラベルビジョン