米国へ「真のプレミアムエコノミー」-アメリカン航空が革新の新サービス[PR]

アメリカン航空(以下、AA)は8月5日から、成田/ロサンゼルス線への新機材導入と合わせて「プレミアムエコノミー」を日本市場に投入した。いわゆるプレミアムエコノミークラスは、もとは1991年にアジア系航空会社が初めて開発したとされているが、シートやサービスは航空会社によって大きく異なる。AAが「真のプレミアムエコノミー」と自負する新クラスサービスで日米間の移動にもたらす価値を探った。

 

「アメリカン航空」のプレミアムエコノミー
多様なニーズに柔軟対応

AAのプレミアムエコノミーは、2016年9月に初めて導入し11月にダラス/サンパウロ線から運用を開始したもので、同社が満を持して提供する「今日のアメリカン航空」を象徴するプロダクトだ。

 冒頭でも書いた通り、プレミアムエコノミークラスは多くの会社によって市場に投入されているが、実際には米国系航空会社での導入はAAが初めて。AAでは「米国初」の優位性を活用するとともに、多様な顧客ニーズの取り込みをめざす考えだ。

ちなみに、サービスの多様化という意味では、AAは今年2月から米国内線に「ベーシックエコノミー」の販売も開始している。これは米系各社が先を争って導入しているもので、AAでいえばメインキャビンと座席は同一ながら、サービスは「ベーシック」なものに限定して運賃を低く抑える仕組み。例えばオーバーヘッドコンパートメントは使えない、座席指定は有料、といった制限があるが、価格に敏感な層からファーストクラス利用客まで細かく対応できる体制を構築している。

ビジネスクラスには及ばずとも、エコノミーと比較すれば圧倒的な快適性

 

上質で高級感のあるレザーシート
シートピッチも座席幅も5cm拡大

AAのプレミアムエコノミーの日本におけるお披露目は、8月5日から飛来しているB787-9型機が舞台となる。スケジュールとしては、まず10月29日まで同型機で運航した後、一旦プレミアムエコノミーのない新仕様機材のB777-200型機に戻るが、12月15日からは成田発着のロサンゼルス線とダラス線、そして羽田/ロサンゼルス線がプレミアムエコノミーを備えたB777-200型機となる予定だ。

見るからにゆとりのある機内。「5cm」の大きな違いを実感してほしい

 

まずシートそのものだが、シートピッチは96cmで、従来のメインキャビン・エクストラに比べて5cm近く拡大している。ちなみにメインキャビン・エクストラもメインキャビンの約79cmに対して約91cmと大きく差をつけているわけだが、これよりさらに広いということになる。

 5cmといえば、AAのパートナーである日本航空(JL)がテレビCMなどで大々的に露出したエコノミークラスのシートピッチ拡大の数値とちょうど同じ。JLの新旧シートを体験したことがあれば、5cmが持つ数字以上の意味を容易に想像できるだろう。

 

また、シート自体もプレミアムエコノミー用に開発したもので、調節可能なフットレストやレッグレスト、ヘッドレストを搭載。シート幅もメインキャビンが43cmであるのに対し48cmとなっており、こちらも同じく5cmの拡大。写真でもわかる通りゆったりと寛ぐことが可能だ。

 リクライニングもさらに深くなっており、出張にせよレジャーにせよ、ビジネスクラスには手が届かないけれども、より快適に過ごして移動後の時間を大切にしたいというお客様には非常に有力な選択肢といえるのではないだろうか。

「プレミアムエコノミー」後方からの眺め。前後のシートピッチだけでなく、横方向にもゆとりがあることが見て取れる

 

 チェックインから到着まで専用サービスも充実

優先搭乗や優先手荷物タグも

 レッグスペースだけならば、デルタ航空(DL)とユナイテッド航空(UA)もAAのメインキャビン・エクストラに相当する足元の広い席を提供してはいる。しかし、AAはプレミアムエコノミーの導入でサービス面での差別化も重視しているのだ。

 AAは、アメニティやサービス面でも、メインキャビンやメインキャビン・エクストラとはっきりと区別している。例えば機内での楽しみのひとつである機内食は、専用メニューを独自に開発。飲み物もアルコール類を含めて無料とし、さらに機内食をウェブサイトや予約センターで事前予約することも可能とした。

 また、機内アメニティキットやノイズ低減機能の付いたヘッドフォン、専用の枕と毛布なども用意。ハード面では11インチのパーソナルモニターやUSBポートを備える電源、そしてWiFiと充実した設備も利用できる。

 米系で専用の機内食と無料のアルコール類を提供するのはAAのみ

 

このほか、特筆すべきなのが空港での優先チェックインと優先搭乗のサービスと、受託手荷物への優先手荷物タグの付与。例えばAAの充実したネットワークを乗継便として利用する旅行者も多いが、受託手荷物のピックアップが必要な場合でも、優先手荷物タグはきっとスムーズな乗り継ぎに一役も二役も買うはずだ。さらに出発前の保安検査場では優先セキュリティーレーンも利用できる(アメリカの主要空港で利用可)。

 こうした強みと特徴から、AAとしてはプレミアムエコノミーを、他社のプロダクトやサービスとは一線を画す「真に“プレミアム”なエコノミー」であると訴えていく方針だ。

ノイズ低減機能は、一度でも使えばきっとその効果を実感できるはず。いかに機内が様々な音に満たされているか気付かせてくれるだろう

 

情報提供:トラベルビジョン