韓国、7月の日本人は8.4%減、4ヶ月連続の減少

韓国観光公社(KTO)によると、2017年7月の日本人旅行者数は前年比8.4%減の17万634人となり、4ヶ月連続で前年を下回った。北朝鮮によるミサイル発射などにより引き続き朝鮮半島情勢が不透明な状態にあることが影響した。  16年の訪韓日本人旅行者数は、前年の中東呼吸器症候群(MERS)の影響から回復して25.0%増の229万7893人を記録。17年は「完全回復」に向け、年間250万人をめざしているが、1月から7月までの累計は4.2%増の127万7918人と伸び悩んでいる。

情報提供:トラベルビジョン