エールフランス、羽田昼便を週11便に増便-成田線は座席増

エールフランス、羽田昼便を週11便に増便-成田線は座席増
2017年8月24日(木)Tweet

B777-200型機
 エールフランス航空(AF)は2017年冬ダイヤ(10月29日~18年3月25日)で、羽田/パリ線を現在の週10便から週11便に増便する。週3便を運航している昼間便を週4便に増やすもので、16年冬ダイヤではテロ事件の影響により週1便で運航したこともあったが、その後は需要が回復してきたことから増便を決定したという。運航機材はB777-200型機で、座席数はビジネスクラス28席、プレミアムエコノミークラス24席、エコノミークラス260席の計312席、またはビジネス40席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー216席の計280席の2タイプ。

 そのほか、17年冬ダイヤでは成田/パリ線の機材を大型化し、現在はファースト4席、ビジネス8席、プレミアムエコノミー28席、エコノミー206席の計296席のB777-300型機で運航しているところを、冬ダイヤではビジネス42席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー315席の計381席のB777-300型機で運航する。増便や機材の大型化により、冬ダイヤ期間中の座席数は昨年から20%増となり、1週間につき約1000席増えることとなる。

 一方、週5便で運航中の関空/パリ線は週4便に減便する。昨年の冬ダイヤでは10月は週6便、11月以降は週3便で運航していた。運航機材はB777-200型機で、ビジネス28席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー260席の全312席。

 各路線の冬ダイヤの運航スケジュールは以下の通り。

▽AF、日本/パリ線冬ダイヤ運航スケジュール(10月29日~18年3月25日)
・羽田線
AF279便 HND 13時45分発/CDG 18時35分着(月・木・土・日)
AF293便 HND 22時55分発/CDG 04時45分着※翌日(デイリー)
AF272便 CDG 16時05分発/HND 12時05分着※翌日(水・金・土・日)
AF274便 CDG 23時20分発/HND 19時25分着※翌日(デイリー)
※太字が増便分

・成田線
AF275便 NRT 11時05分発/CDG 15時55分着(デイリー)
AF276便 CDG 13時35分発/NRT 09時25分着※翌日(デイリー)

・関空線
AF291便 KIX 11時45分発/CDG 16時35分着(月・火・木・土)
AF292便 CDG 14時00分発/KIX 10時00分着※翌日(月・水・金・日)

 

情報提供:トラベルビジョン