オリックス初の新築旅館「はなをり」、箱根に開業/神奈川

オリックス不動産は8月1日、神奈川県箱根町の芦ノ湖畔にグループ初の新築旅館「箱根・芦ノ湖はなをり」をオープンさせた。

 芦ノ湖の玄関口の1つ、桃源台から徒歩2分、芦ノ湖を望む好立地の約2万平方メートルの敷地に、建物は地上3階建て、延べ床面積は約1万平方メートル。客室は和洋室を中心に6タイプ154室、うち8割がテラス付き、3割が露天風呂付き。

 温泉は姥子温泉から引湯し、大浴場にはグループ旅館の特徴ともなっている、段差を付け浴槽を並べる「棚湯」を設けることで個性化を図り、芦ノ湖を望むロビーラウンジ前の屋外スペース「水盤テラス」は、SNS時代を意識したフォトジェニックなデザインも印象的だ。

 内覧会で同社宿泊事業本部の橘正本部長は「2002年に別府杉乃井ホテルを取得し旅館事業を開始以来、いつかは箱根へ出店したいという思いがあった。大浴場と和食を中心にしたブッフェを楽しみに来館していただきたい。末永く地元に愛される旅館にしたい」とあいさつした。

 同社ではこれまで、再生物件を中心に全国で旅館8施設を取得・運営してきた。今後、新築旅館については「はなをり」ブランドで展開していく。

情報提供:トラベルビジョン