日本航空、国内線にもB787-8型機導入、19年から

日本航空(JL)は9月21日、2019年から国内線にもB787-8型機を導入すると発表した。JLはすでにB787-8型機を25機、B787-9型機を9機導入しているが、いずれも国際線のみで使用。まずは4機を導入して、羽田/伊丹線などの伊丹発着路線で使用するという。座席数などの詳細については明らかにしていない。

 JLはB787型機について「機内での快適性はもちろん、非常に低騒音で運航できる機材であることが大きな利点」と評価。この利点を活かして「空港周辺における騒音低減に努める」と説明している。同型機についてはそのほか「LED照明や電子シェードなど機内の設備も先進的で、お客様には大変ご好評をいただいている」とも伝えている。

JLのB787-8型機

情報提供:トラベルビジョン