日本航空、フィンテックに参入、SBIグループと新会社

 日本航空(JL)は、インターネットで金融商品などを提供するSBIグループと共同で、フィンテックを活用した新事業を開始する。9月にはJLの連結子会社として、1日にSBIホールディングスとの共同持株会社「JAL SBIフィンテック」を、同19日にJLとJAL SBIフィンテック、住信SBIネット銀行の3社による共同事業会社「JALペイメント・ポート」を設立。2018年度中に国際ブランド・プリペイドカード事業を開始する。JLによる子会社設立は9年ぶりとなる。

 資本金はJAL SBIフィンテックが4500万円、JALペイメント・ポートが4000万円で、出資率はJAL SBIフィンテックはJLが51%、SBIホールディングスが49%。JALペイメント・ポートについては事業開始時に3億9000万円まで増資する予定で、事業開始時点での出資率はJLが16.4%、JAL SBIフィンテックが68.5%、住信SBIネット銀行が15.1%を予定する。2社の代表取締役はそれぞれ、JLマイレージ事業部付マネージャーの仁司哲氏、住信SBIネット銀行の井上史章氏が務める。

 提供を開始する国際ブランド・プリペイドカードはJALマイレージバンク(JMB)会員向けで、事前に入金した金額の範囲内で、国際ブランドの加盟店でキャッシュレスで買い物ができる与信不要のカード。プリペイドカード機能に加えて、現地通貨での現金引き出し、ドルやユーロなどの両替機能も付加する。入金の際には額に応じてJLのマイルを加算する。

 JLによれば、今後はSBIグループと共同でプリペイドカードの利用者増に取り組むとともに、同グループが出資する、人工知能を活用して資産運用をアドバイスするフィンテック企業「お金のデザイン」などと協業し、多様なサービスの提供をめざすという。

情報提供:Travel Vision