エクスペディア、予約管理システムで分析ツールの提供開始

 エクスペディアグループはこのほど、契約宿泊施設向けの予約管理システム「Expedia PartnerCentral (EPC) 」において、新たな分析ツール「EPC Property Analytics」の提供を開始した。宿泊施設とその競合他社、市場などの最新データを分析して宿泊施設の収益増につなげるためのツールで、日本語を含む多言語で提供する。

 宿泊施設は「EPC Property Analytics」によって、同社グループが運営するウェブサイトにおけるページの閲覧状況、予約の成約率、平均客室単価などを確認できるほか、過去の実績や競合施設の実績との比較も可能になる。各種のデータは24時間ごとに更新。また、分析結果から宿泊施設が抱える潜在的な問題を探り、通知して対応を促す機能も設けたという。

情報提供:Travel Vision