ジンエアー、関空/仁川線の便数倍増へ-総座席数は微減

ジンエアー(LJ)は12月4日から、1日2便で運航中の関空/ソウル(仁川)線を1日4便に倍増する。12月3日までは現行のエコノミークラス393席のB777-200ER型機で運航し、4日以降は全189席のB737-800型機に小型化。1日あたりの提供座席数は30席減少するが、便数を倍にすることで、利便性は向上するという。

 同路線の乗客のうち関空発は2割で、LJは増便により、仁川以遠への乗継客の取り込みを強化する考え。新設した仁川発のLJ283便は15時台に出発するため、バンコク(スワンナプーム)やプーケット、セブ、マカオなど10都市から同日中に関空へと帰着できるという。今後は関空から直行便が就航していないプーケットなどへの需要を取り込むため、旅行会社に商品造成を促す考え。

 運航スケジュールは以下の通り。

▽LJ、関空/仁川線運航スケジュール(12月4日~)
※太字が増便分

LJ211便 ICN 08:00分発/KIX 09:45分着(デイリー)
LJ212便 KIX 10:45分発/ICN 12:45分着(デイリー)
LJ213便 ICN 14:20分発/KIX 16:05分着(デイリー)
LJ214便 KIX 17:05分発/ICN 19:05分着(デイリー)
LJ281便 ICN 10:10分発/KIX 11:55分着(デイリー)
LJ282便 KIX 13:00分発/ICN 15:00分着(デイリー)
LJ283便 ICN 15:00分発/KIX 16:50分着(月・木・日)
LJ283便 ICN 15:05分発/KIX 16:50分着(火・水・金・土)※1
LJ284便 KIX 18:05分発/ICN 20:05分着(デイリー)※2

※1 2月18日以降は15時00分発に変更
※2 木曜日は出発・到着ともに10分早くなる

 

情報提供:Travel Vision