S7、来夏に成田/ノヴォシビルスク線開設、週1便で

ロシアのS7航空(S7)は来年の6月2日から10月28日まで、成田/ノヴォシビルスク線を週1便で運航する。ノヴォシビルスクは人口約150万人のシベリア最大の都市で、モスクワとサンクトペテルブルクに次ぐ規模を誇る。使用機材はA320neo型機で、ビジネスクラス8席、エコノミークラス156席の計164席。このほど公式サイトやGDS経由で販売を開始した。

 同路線の主なターゲットは観光目的の利用者で、日本発とロシア発の比率は5対5となる見通し。日本発については、ロシアの他都市や中央アジア諸国へのビジネス需要も見込む。

 S7は現在、日本路線では成田/ウラジオストク、ハバロフスク線と関空/ウラジオストク線を運航しており、同じワンワールド加盟会社の日本航空(JL)とコードシェアを実施している。新路線の運航スケジュールは以下の通り。

▽成田/ノヴォシビルスク線 運航スケジュール(6月2日~10月28日)
S7575便 OVB 23時00分発/NRT 07時35分着※翌日(土)
S7576便 NRT 08時40分発/OVB 13時45分着(日) 

 

情報提供:Travel Vision