ティーウェイ、成田/仁川線を増便、12月から週10便に

ティーウェイ航空(TW)は12月14日から、週7便で運航中の成田/ソウル(仁川)線を週10便に増便する。現在は機材繰りにより仁川発便は毎日の午前中に、成田発便のうち週4日は昼に、週3日は夜に運航しているが、新たな機材を導入したことにより仁川発の午前便と成田発の昼便をデイリーで運航し、加えて仁川発の午前便と成田発の夜便を週3便で運航する。使用機材はいずれも189席のB737-800型機。

 TWによると、同路線の利用者は韓国発が8割、日本発が2割。韓国発の需要については朝鮮半島情勢の影響を受けておらず、日本発についても北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射などを繰り返した4月に比べると「影響は小さい」という。8月の搭乗率は90%台半ばで、9月についても90%超を記録したとのこと。増便後の運航スケジュールは下記の通り。

 

 

情報提供:Travel Vision