次世代のビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」その全貌が明らかに

これまでの業界基準を超える次世代のシートを目指し、細部にこだわった設計 デルタ航空(DL)は米国航空会社として初めてエアバスの最新鋭機A350を導入。10月30日のデトロイト発成田行きの便から新型機材の運航が始まるのに合わせて、新タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」をデビューさせる。

スライド式ドアで仕切られたプライベートな空間
全席個室タイプのビジネスクラス

アジアでは成田/デトロイト線からこの次世代シートを体験することができる 「デルタ・ワン スイート」は、デルタ航空の長距離国際線やアメリカ大陸横断路線の最上位クラスである「デルタ・ワン」を進化させた、次世代のビジネスクラス。新しいコンセプトの下で、シート設計からレイアウトに至るまで、新たなアイデアを投入して開発した。

 「デルタ・ワン スイート」は、快適性の向上はもとよりプライバシーの確保を向上させるのが基本コンセプト。限られた機内空間の中でプライベート感を極力高めるために、細部にわたりさまざまな工夫を凝らしている。

中央の仕切りは可動式のため、隣り合うパートナーとも旅を楽しめる たとえば各座席は個室タイプ(スイート)を採用し、それぞれのスイートがプライベート空間となるように、十分な高さ(座席のヘッドレストと同じ高さ)のスライドドアで仕切る構造とした。隣席との間には仕切りを設置しているが隣席が同行者である場合は、もちろん仕切りを開けて空間を共有することも可能だ。

ノイズキャンセリングヘッドフォンや高機能USBポートなど、”室内”での居心地も抜群だ 各スイート内にはパソコンやヘッドフォン、靴の収納スペース、米国航空会社最大の18インチ高解像度個人用モニター、ユニバーサル電源と高性能USBポート、スライド式の読書灯も用意しており、照明も個別に調整可能なため、自分だけの居住環境をアレンジできる。周囲の視線をシャットアウトして、ゆったりと寛げるプライベート空間が、「デルタ・ワン スイート」ならではの新感覚の空の旅を演出する。

快適性とプライベート性を兼ね備えた居住空間のようなシート

スライド式ドアはプライベートを確保し、ビジネスでもレジャーでも他にはないビジネスクラス体験ができるだろう 快適性についても、新たな発想と技術の投入により向上を図っている。座席レイアウトは全席が通路にアクセスできるよう設計されており、ストレスなく各スイートを出入りできる。シートの開発にはデルタ航空のプロダクトチームと、英国の航空座席専門メーカーであるトンプソン・エアロ・シーティングのチームが共同で当たり、業界基準を超えた次世代のシートを実現した。細部にまで徹底的にこだわり、使い勝手を突き詰めたシートは、快適さの追求を妥協しない「デルタ・ワン スイート」の考え方を象徴している。

ウェスティンホテルがDLのために開発したヘブンリー寝具 DLにとってフルフラットベッドシートは8年も前から導入している装備だが、「デルタ・ワンス スイート」でもフルフラットベッドシートを採用。しかも一段と大きなゆとりを確保しており、ベッドの全長は1メートル93センチ~最大2メートル5センチ、幅は55センチ~60センチ。体を横にして休むことができるだけでなく、体をいっぱいに伸ばしても余裕をもって寛げるサイズだ。高級感のある内装とともに、「デルタ・ワン スイート」の最上級の寛ぎを可能にしているのがこの次世代シートといえる。

全席通路にアクセスできる座席配置 シートピッチや座席幅、リクライニング角度などシートのスペックだけで比較すれば、アメリカン航空(AA)などほぼ同等の航空会社はあるものの、個室タイプのプライベート感や現代的なシートデザイン、シート角度の微妙な調整機能などを合わせた総合的な快適性を比較すれば、「デルタ・ワン スイート」の優秀さを改めて納得できるはずだ。

情報提供:TRAVEL VISION