タイ、11月から「観光年」開始、ファーストタイマーの取込強化

タイ国政府観光庁(TAT)は2017年11月から19年1月までの14ヶ月間を「アメージング・タイランド観光年2018」として、全世界からの誘客を強化する。「ツーリズムEXPOジャパン2017」にあわせて来日したTAT副総裁のシースダー・ワナピンヨーサック氏は、「中・高所得層でタイを訪れたことのない人々に重点を置く」とプロモーション方針を説明。働き始めた若い女性や大学生なども取り込む考えを語った。

 「観光年」に伴い、タイでは受入体制の強化に取り組んでいるところ。同氏によれば、10月から観光警察の組織を「部」から「局」に格上げして予算を増やし、警察官を年末までに1000人増員。監視カメラの設置台数も7割増やすなど、安全対策を強化する。

 また、ゲートウェイとなる空港の受入人数の増加をめざす方針で、バンコクのスワンナプーム空港を拡張して、年間旅客数を現在の4500万人から、19年までに6000万人に拡大する。プーケット国際空港についても、現在の1250万人を22年には2500万人にするという。

 同氏はそのほか、20年近く利用しているタイ旅行のブランド「アメージング・タイランド」を今後も利用する考えを示しながらも、新たなコンセプトとして「Open to New Shades of Thailand(タイの新たな側面の発見)」を加えることを説明。「よく知っている観光地でも、見方を変えると価値が生まれる」と語るとともに、現地で体験できる独自の体験を訴求する方針を示した。例えば、バンコクではウォーキングツアーやトゥクトゥクを利用しての屋台巡り、夜に王宮の跡地を巡るサイクリングツアーなどを訴求する。

 TATによれば、16年の訪泰日本人旅行者数は前年比4.6%増の約144万人。17年1月から7月までの累計は6.5%増の85万9710人で、通年では5.86%増の150万人、観光収入は11.5%増の650億バーツ(約2231億円)を見込むという。18年については観光収入の目標のみ開示しており、17年見込み比7.7%増の700億バーツ(約2403億円)をめざす。

 
情報提供:TRAVEL VISION