シンガポール航空、A380の新たな機内設備など発表、12月から導入

シンガポール航空(SQ)はこのほど、今年の12月以降に受領する5機のA380型機に導入する、新たな機内設備などを発表した。開発に4年を費やしたもので、投資総額は約8億5000万米ドル(約967億円)。すでに保有している14機についても、18年後半から20年にかけて順次導入する。

プレミアムエコノミークラスの座席 刷新するのは寝具やアメニティ、機内食、エンターテイメントシステムなど。スイートは客室の面積を従来よりも拡大し、イタリアのポルトローナ・フラウ社の革張りの座席に加えて、独立したフルフラットのベッドを設置。アメニティキットはフランスのラグジュアリーブランドのラリック社が手がけた。プレミアムエコノミークラスでも、新たなA38O型機の導入を記念したアメニティキットを提供するという。

 座席数は4クラス制の計471席で、内訳はスイート6席、ビジネスクラス78席、プレミアムエコノミークラス44席、エコノミークラス343席。スイートはA380型機にのみ設けている最上級クラスで、ファーストクラスは設けていない。

 

情報提供:トラベルビジョン