ルフトハンザ、20年に新ビジネスクラス、B777-9に導入

  • 新シート(イメージ) ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は2020年から、新しいビジネスクラスをB777-900型機に導入すると発表した。座席は220センチメートルのフルフラットシートで、背もたれは乗客が横向きに眠る際には肩まわりが沈み、背骨をまっすぐに保って体に負担をかけない構造になっているという。投入する路線については明らかにしていない。

シートの配置(イメージ) 座席の配列は1-2-1または1-1-1で、全席から通路に直接アクセスすることが可能。詳細は明らかにしていないが、収納設備などを拡充するほか、乗客が所有するモバイル端末で、座席や機内エンターテイメントシステムなどを操作できるという。また、モバイル端末については各座席でワイヤレスで充電できるようにする。

 LHによれば、新シートの開発には500名以上の利用者が参加。今回の発表に際しては「新たなビジネスクラスはお客様が最優先するプライバシーと、睡眠時の快適性を完璧に実現する」と述べている。

 ビジネスクラスについてはこのほか、18年初頭からサービスを拡充。LH専用に開発したマットレスを導入し、毛布を刷新するほか、現在はファーストクラスのみ提供している就寝用のセーターを、リクエストに応じて提供するという。

情報提供:TRAVEL VISION