フィジー政観、日本事務所を再開、アビアレップスに業務委託

フィジー政観、日本事務所を再開、アビアレップスに業務委託

フィジー政府観光局はこのほど、日本における代表事務所業務をアビアレップスに委託し、1月4日に日本事務所をオープンした。7月にフィジー・エアウェイズ(FJ)が成田/ナンディ線を週3便で運航再開することを受けたもの。同局は2003年6月まで日本事務所を設けていたが、閉鎖後は在日フィジー共和国大使館が業務を引き継いでいた。

 今後はアビアレップスが旅行業界向けのプロモーション、広報、デジタル・マーケティングなどを担う。旅行業界向けにはセミナーの開催やファムツアーなども実施する予定。事務所には旅行業界向け、メディア向けの専任担当者などを置き、5名程度で業務をおこなう。

 同局によると、15年のフィジーへの訪問者数は約75万人。日本人は年間で6000人前後が訪問しているという。

▽フィジー政府観光局、日本事務所
住所:〒160-0008 東京都新宿区三栄町26-3
インターナショナル・プレイス アビアレップス内
TEL:03-6273-0212
FAX:03-5363-1118
E-mail:fiji.japan@aviareps.com

情報提供:トラベルビジョン