全日空、夏ダイヤは羽田/バンコク増便

 ANAグループは1月18日、2018年度の航空輸送事業計画を発表した。このうち18年夏ダイヤでは、6月1日から現在は1日2便で運航中の羽田/バンコク(スワンナプーム)線を羽田の深夜早朝枠を使用して1日3便に増便。国内線との乗り継ぎにより、地方からバンコクへの送客増をめざす。使用機材はビジネスクラス42席、エコノミークラス198席のB787-8型機で、関係当局の認可取得が前提。

 そのほか3月25日からは、17年冬ダイヤでは週4便に減便していた成田/成都線を17年夏ダイヤと同様にデイリー化。現在は週12便から週14便で運航している羽田/香港線は週14便で運航する。

 機材については、北米・欧州・オセアニアへの全便に導入しているプレミアムエコノミークラス、フルフラットシートのビジネスクラスをクアラルンプール線などのアジア路線に拡大。そのほか、成田/厦門線、関空/杭州、北京線に機内設備の充実したA320neo型機を導入する。なお、18年末までには新たにB787-10型機やA380型機を受領する予定で、詳細については後日発表する。

情報提供:トラベルビジョン