シンガポール航空、世界初のB787-10を関空線に、5月から

 シンガポール航空(SQ)は、3月にボーイングから受領するB787-10型機の初号機を、5月に関空/シンガポール線に投入する。同型機による世界初の定期便運航で、関係当局の認可が前提。シンガポール/バンコク間などで、乗務員の訓練のための試験運航を数回実施した後、関空線で使用する。運航の開始日は未定。

 座席数はビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の計337席。新たな仕様の座席を搭載する予定で、詳細は後日発表する。なお、SQは同型機49機を確定発注している。

B787-10型機

情報提供:Travel Vision