ルフトハンザ、羽田/ミュンヘン線に再びA340-600、期間限定

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)の日本支社はこのほど公式Twitterで、デイリー運航中の羽田/ミュンヘン線に2018年夏ダイヤから再びA340-600型機を投入することを発表した。同路線は昨年11月まで同型機を使用。12月からは最新機材のA350-900型機で運航していたが、機材繰りの都合により期間限定で再投入するという。

 3月25日から5月28日まではA340-600型機で運航し、5月29日から7月末まではA340-600型機とA350-900型機を併用。8月以降は再びA350-900型機のみで運航するという。

 A340-600型機の座席数はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー28席、エコノミークラス189席の計281席。一方のA350-900型機の座席数は、ビジネス48席、プレエコ21席、エコノミー224席の計293席。A340-600型機の使用により再びファーストクラスが提供されることになる。

 

情報提供:トラベルビジョン