アメリカ ニューヨーク / 悪天候(ウインターストーム)に伴う影響

 現地時間昨日2018年3月21日(水)、ニューヨークは暴風雪(ウインターストーム)に見舞われております。ニューヨーク市近郊では、約30センチ~45センチの降雪が予報されています。

 これを受け、ニューヨークの各種交通機関では、以下の影響が生じております。

■ 暴風雪、各交通機関への影響
◎ 空港
JFK空港では、約590便
ニューアーク空港では、約840便、
ラ・ガーディア空港では、約740便
のフライトがキャンセルとなりました。

 ◎ 中長距離高速バス
Short Line、Greyhound、Peter Panといった中長距離高速バスのうち
ニューヨークポートオーソリティ・バスターミナル発の全ての便が運休となりました。

 ◎ フェリー
自由の女神があるNational Parkも閉鎖となり、フェリーも終日運休となりました。

 ◎ 地下鉄
概ね平常通りに運行しておりますが、場所・路線により一部徐行運転となっております。

 なお、ニューヨーク総領事館は悪天候の影響を受け、3月21日(水)は12:30より領事窓口を臨時閉鎖しております。

 また現地時間3月22日(木)早朝まで大雪や暴風雪が予想されておりますので、現在ニューヨーク周辺にご滞在中の方は、最新情報に十分ご注意ください。

情報提供:Travel Vision