エールフランス、関空線のB787-9は6月18日から

 エールフランス航空(AF)はこのほど、関空/パリ線への導入を予定している新たな機材のB787-9型機について、使用開始日を6月18日に決定した。18日のパリ発便から使用し、関空発便での使用は19日からとなる。座席数はビジネスクラス30席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス225席の全276席。

 同路線は、2018年夏ダイヤでは1日1便を運航。現在はビジネスクラス28席、プレミアムエコノミークラス24席、エコノミークラス260席、計312席のB777-200型機で運航している。夏ダイヤではそのほか、成田/パリ線を1日1便、羽田/パリ線を週12便運航する。関空/パリ線の運航スケジュールは以下の通り。

▽AF、関空/パリ線運航スケジュール(18年3月25日~10月27日)
AF291便 KIX 10時30分発/CDG 16時05分着(デイリー)
AF292便 CDG 14時00分発/KIX 08時40分着※翌日(デイリー)

情報提供:Travel Vision