トリアド人気エアライン調査、1位はシンガポール、4位にJAL

トリップアドバイザーが4月9日に発表した「トラベラーズチョイス 世界の人気エアライン2018」で、総合ランキングの1位は昨年2位のシンガポール航空(SQ)となり、日本からは日本航空(JL)が4位に入った。17年2月から18年2月までの約1年間に、同社のウェブサイトに投稿された口コミを独自のアルゴリズムで集計したもの。昨年に続き2回目の発表となる。

 同ランキングはFSCとLCCの両方を対象にしており、2位は昨年5位のニュージーランド航空(NZ)、3位は昨年1位のエミレーツ航空(EK)。昨年の7位から4位に上昇したJLは、日本の航空会社として唯一10位以内に入った。

 トリップアドバイザーはそのほか、アジア、ヨーロッパ、北米、南米、南太平洋&オセアニア、アフリカ&インド洋、中東の7地域における人気ランキング、や座席クラス別のランキングも発表。総合およびアジア部門のランキングは以下の通り。

▽トリップアドバイザー「トラベラーズチョイス 世界の人気エアライン2018」

【世界のベストエアライン トップ10】
(順位(昨年順位) 航空会社/国・地域)
1位(2位) シンガポール航空/シンガポール
2位(5位) ニュージーランド航空/ニュージーランド
3位(1位) エミレーツ航空/アラブ首長国連邦
4位(7位) 日本航空/日本
5位(-) エバー航空/台湾
6位(-) サウスウエスト航空/アメリカ
7位(-) Jet2.com/英国
8位(-) カタール航空/カタール
9位(3位) アズールブラジル航空/ブラジル
10位(6位) 大韓航空/韓国

【世界のベストサービスエアライン(クラス別)】
(航空会社/国・地域)
ベストファーストクラス:シンガポール航空/シンガポール
ベストビジネスクラス:カタール航空/カタール
ベストプレミアムエコノミークラス:ニュージーランド航空/ニュージーランド
ベストエコノミークラス:シンガポール航空/シンガポール

【アジアのメジャーエアライン】
(航空会社/国・地域)
・ベストエアライン:シンガポール航空/シンガポール
・その他の受賞航空会社
日本航空/日本
エバー航空/台湾
大韓航空/韓国
全日空/日本
ガルーダ・インドネシア航空/インドネシア
アシアナ航空/韓国
タイ国際航空/タイ
キャセイパシフィック航空/中国
チャイナエアライン/台湾
ベトナム航空/ベトナム

【アジアのローコストエアライン】
(航空会社/国・地域)
・ベストエアライン:インディゴ/インド
・その他の受賞航空会社
シティリンク/インドネシア

【アジアのリージョナルエアライン】
(航空会社/国・地域)
・ベストエアライン:ヴィスタラ/インド
・その他の受賞航空会社
タイ・スマイル航空/タイ
バンコクエアウェイズ/タイ
エアアスタナ/カザフスタン
ロイヤルブルネイ航空/ブルネイ・ダルサラーム国
シルクエアー/シンガポール

【アジアのベストサービスエアライン(クラス別)】
(航空会社/国・地域)
ベストビジネスクラス:エバー航空/台湾
ベストプレミアムエコノミークラス:エバー航空/台湾
ベストエコノミークラス:シンガポール航空/シンガポール

情報提供:Travel Vision