台湾 / 「無料レジ袋」の提供禁止範囲が拡大

 台湾では、2018年1月01日より「無料レジ袋」の提供禁止範囲が拡大しております。

 台湾の行政院環境保護署によると、すでに

* 政府機関
* 私立学校
* デパート / 百貨店
* 量販店
* スーパーマーケット
* コンビニエンスストア
* ファストフード店

 などの7分野においてレジ袋の無料提供を禁止しておりましたが、今年1月01日より以下の業種も新たに加えるなど、無料提供禁止範囲を拡大しています。

 ■ 新たに「無料レジ袋」の提供が禁止された業種(2018年1月~)

* 薬局 / ドラッグストア
* 医療器材販売店
* 家電量販店
* 書店
* 文具店
* クリーニング店
* 飲料店
* パン屋 など、

 近年、台湾では無料レジ袋の減量に力を入れているため、お買い物の際はマイバッグの持参をおすすめいたします。

情報提供:Travel Vision