日本航空、17年度の国際線旅客は2.3%増、利用率81.0%

日本航空(JL)の2017年度(17年4月~18年3月)の運航実績で、国際線の旅客数(※)は前年比2.3%増の858万5399人だった。座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)は2.4%増、旅客輸送量を表す有償旅客キロ(RPK)は3.4%増で、利用率は0.7ポイント増の81.0%となった。

 方面別の旅客数は、北朝鮮問題で需要が減少したグアムを含む「ハワイ・グアム」が3.9%減の106万6212人、韓国が前年並みの606万108人となったが、それ以外は前年を上回った。最も伸長したのは昨年9月から成田/メルボルン線のデイリー運航を開始した「オセアニア」で19.4%増の17万6943人。以下はテロの影響から回復した「欧州」が11.0%増の73万119人で続いた。旅客数が最も多かったのは「東南アジア」で2.1%増の336万3346人だった。

 利用率が最も高かったのも「東南アジア」で、2.4ポイント増の83.1%。次いで「欧州」が2.7ポイント増の82.5%、「ハワイ・グアム」が4.0ポイント減の81.4%と続いた。利用率の伸びが最も高かったのは「中国」で、5.8ポイント増の79.3%。利用率が最も減少したのは「ハワイ・グアム」だった。

※本誌による推計値

 

▽3月の国際線旅客は7.0%、利用率85.0%

 3月単月の国際線旅客数は7.0%増の79万3206人。ASKは5.5%増、RPKは6.1%増で、利用率は0.5ポイント増の85.0%だった。

 方面別の旅客数は全方面が前年を上回り、最も伸長したのは「オセアニア」で37.6%増の1万8174人。次いで「中国」が11.8%増の13万3587人、「東南アジア」が8.0%増の31万5232人と続いた。旅客数が最も多かったのは「東南アジア」だった。

 利用率は全方面が8割を上回り、最も高かったのは「ハワイ・グアム」で0.1ポイント減の88.6%。最も伸長したのは「中国」で10.2ポイント増の85.7%だった。利用率が最も減少したのは「オセアニア」で3.1ポイント減の80.5%。

 

情報提供:Travel Vision