JTB、海旅のシステムにオラクルのクラウド、コスト削減

 JTBはこのほど、海外旅行業務システム基盤に日本オラクルの「Oracle Cloud at Customer」と「Oracle Exadata Cloud at Customer」を採用した。同社グループが進めるデジタル技術戦略の一環で、「Oracle Cloud at Customer」はJTBのデータセンターで日本オラクルのクラウド・サービスを利用できるインフラ基盤として、「Oracle Exadata Cloud at Customer」はデータベース基盤として使用。管理や維持などのコストを削減するとともに、セキュリティも強化する。

 あわせて「Oracle Exadata」のパフォーマンスにより、データ量やトランザクションの季節変動に対応。処理を平準化させることでもコスト抑制をはかるという。

情報提供:Travel Vision