全日空、ホノルル空港に自社ラウンジ開設へ、広さ「他社の倍以上」

全日空(NH)は5月30日、2019年春からA380型機を首都圏とホノルルを結ぶ路線に投入することにあわせて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧称:ホノルル国際空港)に自社ラウンジを開設する計画を明らかにした。NHにとっては初めての海外空港における自社ラウンジとなる。

 詳細な面積規模については明らかにしていないが、同日に開催した記者会見で代表取締役社長の平子裕志氏は「他社のラウンジの倍以上を確保している」とアピール。「コンセプトも国内空港のラウンジとは大きく異なる。これまでNHはハワイに大きな投資をしてこなかったが、乾坤一擲、概念を変える」と強調した。同社は現在、ホノルル空港ではジョイントベンチャーのパートナーであるユナイテッド航空(UA)のラウンジを使用している。

新たな自社ラウンジはターミナル2(現在のメインターミナル)3階の「エバ・コンコース」のC4(現在の29番)ゲートに設ける予定で、ラウンジからは直接、A380型機の2階席への搭乗が可能。「ANA LOUNGE」と上級クラス向けの「ANA SUITE LOUNGE」の2エリアから成り、「ANA LOUNGE」には子供連れ客向けの「FAMILY AREA」を設ける。営業時間は午前6時からNHの最終便出発までとする。

「ANA LOUNGE」はハワイの自然を象徴する海・空・木々などのデザインを床や壁などに表現。潮溜まりをイメージしたという「FAMILY AREA」には座席を巡らし、遊んでいる子供を大人が近くで見守ることができるようにした。

一方の「ANA SUITE LOUNGE」は落ち着いたデザインで統一。ラウンジのなかでは、最も搭乗口に近い一角に設ける。

報提供:トラベルビジョン