ルフトハンザ、長距離路線のビジネスクラスに新寝具

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)はこのほど、長距離路線の一部のビジネスクラスに新しい寝具「ドリーム コレクション」を導入する。対象となるのは南アフリカ、中南米、米国西海岸、アジアを離着陸する長距離路線の一部で、日本路線では6月からすでに導入を開始。秋からはさらに多くの路線で提供する見通しという。

新しい寝具は枕カバー、大判ブランケット、マットレス、ドイツのアパレルブランド「ヴァン・ラーク」によるスリーピングシャツで、マットレスは、LHとドイツの老舗寝具メーカー、パラディース社が共同開発。表面ははコットン100%、裏面は滑りにくいテリークロス製で、通気性に優れており熱がこもるのを防ぐという。環境への配慮から、包装には従来のビニールではなく紙を使用する。

情報提供:Travel vision